不動産投資の初歩の歩み不動産投資の知識をご紹介しています。不動産投資で老後の安心を!

不動産投資の種類

不動産投資の方法

不動産投資の方法には、大きく分けて3つあります。自分が用意できる資金にあった投資方法を選ぶことで、少額の資金からでも不動産投資を始めることができます。広島 賃貸で目当ての物件を見つけたいですね。

現物不動産投資

現物不動産投資とは、マンションやアパート、オフィスビルの1棟丸ごともしくは1室などに、直接投資する方法のことを現物不動産投資といいます。それを賃貸し、賃料収入を得る(インカム・ゲイン)ことや投資した不動産そのものの値上がりを得る(キャピタル・ゲイン)ことを目的としています。
現物不動産投資は、バブル崩壊前までは土地の値上がりがすごく、大きく期待できたこともあり、キャピタル・ゲインを得ること、もしくは相続税や所得税の節税を目的して行われてきました。
しかし、バブルがはじけた後、土地価格の下落を受け、他の金融商品に比べて高い投資利回りが得られることから、インカム・ゲインを得ることを目的とする傾向が強まっています。具体的には、私的年金づくりの一手段などに活用されています。
利点は、長期にわたって安定した収入を得ることができます。
今回ご紹介する3つの中では、投資額や流動性(換金性)の面では劣りますが、ただ不動産に直接投資することになるので、最も高い収益性が期待できます。また、その物件のオーナーとしての実感を持てるなど、投資することでの精神的な満足度は高いといえます。

上へ

小口化不動産投資

複数の投資家で共有持分権を持つことで比較的少ない資金で運用できる投資方法です。一般の個人では投資が難しい億単位となるような高額な物件を皆で分けて支払うので、高額な物件への投資が可能となります。
一般的な「匿名組合型」(商法上で定められた形態)の場合、事業者である不動産会社などが主体となるため、投資家は、現物不動産投資と違って所有権を持たないので、、よって、投資対象の不動産の管理などは不動産会社のほうでを行い、自分で管理する必要はありません。投資家は、投資対象の不動産からの収益をベースに、自分が投資した金額に応じて分配を受けることになります。ただ、投資した元本および分配金は保証されていない点には留意する必要があるでしょう。
日本では、昭和61年頃から不動産の共同投資商品(小口化商品)が供給され始めました。以降、根拠となる法律である不動産特定共同事業法の数度の改正などにより、最低出資額が引き下げられるなど、商品開発が活発になってきています。運用期間は5年、10年といったタイプが主流となっています。しかし、まだ制度的に整っていないので信用できない場合があるので注意が必要です。

上へ

証券化不動産投資

証券化不動産投資とは、不動産等を担保にした証券等を発行することで、少額で投資する方法です。上記二つと比べると総じて流動性(換金性)が高いという特徴があります。代表的なものとしては、「J-REIT」(不動産投資信託)があります。
REITは、不動産への投資や運用等を目的とする「投資法人」が投資家から資金を集め、投資家には投資証券等(=株券)が発行します。投資家はこの「投資証券」を東京証券取引所などに開設された市場で株式と同じように売買がすることが可能です。この手軽さ、流動性の高さが魅力です。
REITの収益は株式に比べると安定的といえ、その価格のブレは株価に比べると通常は小さめになります。分配金は、法人税が免除されるかわりに、配当することのできる利益の90%超を投資主に実際に配当することが義務付けられており、株式の配当と比べると高めの分配金(配当利回りは概ね3~5%)を期待することができます。
ただ、経済情勢や保有している不動産の外部環境の変化、保有資産の入れ替えなどによって運用成果は異なることになり、また天災(地震等)により投資対象が直接的な影響を受けるといった、他の金融商品とは異なるリスクも存在することには注意が必要です。

Favorite



不用品回収 即日 東京



2020/4/24 更新

上へ